意匠権の保護される期間はどれくらいですか?

意匠権の保護される期間はどれくらいですか?


意匠法第21条に「意匠権の存続期間は、設定登録の日から二十年をもって終了する。」という規定があります。この規定により、意匠権は、登録日から20年間、独占排他的な権利が付与される、ということになります。

ただし、より正確に申しますと、保護期間が20年となったのは、2007年4月の改正によってであり、それ以前の、意匠権の保護期間は15年でした。

したがって、2007年4月1日以降に出願した意匠権は、保護期間は20年であり、2007年3月31日以前に出願した意匠権につきましては、たとえ、設定登録された年月日が2007年4月1日以降でありましても、存続期間は15年となります。

ちなみに、この意匠権の保護期間は、知的財産権全般の保護に関する国際協定である、知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)において、最低でも10年以上の期間にしなければならないと定められています。

それゆえ、アメリカの保護期間は14年間、欧州の主要国では5年間で更新により最長25年間となっています。

最近では、この意匠権の保護期間は、ロングライフ製品の増大、リバイバルブームによる過去の商品の再商品化の増加等により、その期間の延長に対する要求が高まっており、日本を含め世界的に延長される傾向にあります。

このような製品のライフサイクルの長期化やリバイバルブームが今後も続いていきますと、日本でも、これから、保護期間が20年を超えて、延長されていく可能性は十分にあります。

なお、意匠権の存続期間に関して、注意しなければならない点があります。それは、一度登録をすると自動的に20年間の意匠権の効力が発生するのではなく、この20年間の存続期間は、毎年必ず1年分の登録料を欠かさずに納め続けなければならないことです。

なお、数年分の登録料を一気に支払うことも出来ます。

また、その登録料は、設定登録年月日に納付済年分を加えた日までに、次年度分の登録料を前納する必要があります。

例えば、2009年4月1日に設定登録した場合、最初の3年分の登録料は一括納付するので、3年目が満了する2012年4月1日までに4年目の登録料を前納で納付しなければならず、1日でも納付が遅れると、その日から6月以内に通常の2倍の料金を納めないと意匠権は維持されません。

さらに、納付期限から6月を経過しても登録料の納付がなかった場合、意匠権は、納付期限に遡って消滅したものとみなされます。

このように、意匠権の20年間の存続のためには、毎年の登録料の納付が不可欠であり、しかも、その納付条件は厳しいものであることは、十分に気をつけなければなりません。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

意匠登録ファーム概要

 弁理士:大谷寛(Hiroshi Oogai)

 事務所所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号 BUREX平河町304

 電話番号:0120-95-2526 (03-4570-0792)

 メールアドレス:contact @ design-registration.jp

 営業時間:9:00~18:00 土日祝日休


意匠登録のお問い合わせはこちら
サブコンテンツ

意匠登録ファームのサービス提供エリア

※意匠登録ファームでは海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の意匠登録に対応しております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ