特徴記載書は必ず提出する必要がありますか?

特徴記載書は必ず提出する必要がありますか?


特徴記載書とは、出願した意匠の特徴を明らかにするするために、意匠の出願とは別に提出する書面のことです。

この書面の提出は、法律上は義務付けられていないので、提出してもしなくても構いません。

ただし、提出しておけば、意匠の創作人(出願人)の意匠を創作するにあたっての主観的意図を審査官等に伝える事ができるので、登録のための審査がスムーズに運ぶことになります。

例えば、出願人が最も主張したい意匠の部分が、意匠の全体から見れば目立たない小さな部分であり、願書を見ただけではよくわからない場合に、この特徴記載書を提出することによって、審査官に対してその部分が目立たないけれども、実は、出願意匠の重要な部分であるということを、アピールすることができます。

その結果、審査官が出願意匠の内容についてより簡単に理解することができるようになり、審査が早く終わる可能性があります。

一方、特徴記載書の内容を直接、審査官の登録審査等の判断の根拠にしてはならないとされています。

また、意匠権により保護される範囲の決定に関しては、特徴記載書の提出の有無は関係ないとされています。

さらには、特徴記載書の記述は、願書の「意匠に係る物品の説明」又は「意匠の説明」の記述で代用可能であるという意見もあります。

したがって、特徴記載書は、登録審査を早く終わらせたい等の場合に、前述のような記載書を提出したほうがその目的をよりよく達成できる際に限り、提出した方がいいということになります。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

意匠登録ファーム概要

 弁理士:大谷寛(Hiroshi Oogai)

 事務所所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号 BUREX平河町304

 電話番号:0120-95-2526 (03-4570-0792)

 メールアドレス:contact @ design-registration.jp

 営業時間:9:00~18:00 土日祝日休


意匠登録のお問い合わせはこちら
サブコンテンツ

意匠登録ファームのサービス提供エリア

※意匠登録ファームでは海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の意匠登録に対応しております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ