意匠の新規性の喪失の例外を教えて下さい。

意匠の新規性の喪失の例外を教えて下さい。


意匠登録する場合には、その登録されるべき意匠は新規性の要件を満たしていなければなりません。

意匠の出願前に日本国内や外国で公然と知られた意匠、または意匠の出願前に日本国内や外国において配られた刊行物に記載された意匠、インターネット等を通じて公衆に利用可能となった意匠は、新規性を喪失した意匠と言います。

この新規性を喪失したデザインは意匠登録する事ができません。

このことから、一般的には、新規性を喪失した意匠は意匠登録ができないのですが、例外的にそのような新規性を喪失した意匠でも登録ができる場合があります。

この例外のことを「新規性の喪失の例外」といいます。

新規性の喪失の例外により意匠登録が可能となるのは、下記の場合です。

  • 意匠登録を受ける権利を有する者の意に反して、一般的に知られることとなってしまった意匠
  • (他人が権利を有する者からその意匠の情報を盗んでインターネットで公開したような場合)

  • 意匠登録を受ける権利を有する者の行為に起因して一般的に知られることとなった意匠
  • (出願人が自ら展示会等で出願意匠を公開したような場合)

それぞれその意匠が公知となった日から6ヶ月以内に、「意匠法第4条第2項の適用を受けようとする意匠登録出願」と特記事項に記載した意匠登録願書に、出願人自ら意匠を公知としたことを証する書面を添付し、特許庁長官に対して意匠登録の出願をした場合です。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

意匠登録ファーム概要

 弁理士:大谷寛(Hiroshi Oogai)

 事務所所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号 BUREX平河町304

 電話番号:0120-95-2526 (03-4570-0792)

 メールアドレス:contact @ design-registration.jp

 営業時間:9:00~18:00 土日祝日休


意匠登録のお問い合わせはこちら
サブコンテンツ

意匠登録ファームのサービス提供エリア

※意匠登録ファームでは海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の意匠登録に対応しております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ