建物は意匠登録できますか?

建物は意匠登録できますか?


意匠法により、登録できる意匠は物品と結び付いたものでなくてはならず、工業的な方法で量産できるものでなくてはなりません。

したがって、意匠法の対象となる意匠は、原則として工場等で量産できる動産に関するデザインということになります。

結論をいいますと、建物は不動産ですから建物のデザインを意匠登録することはできません。

なお、例外的に使用時には不動産となるものの、販売時には動産に準じて取り扱われる組立式のバンガローや組立式の橋梁、滑り台等、エスカレーター等は、デザインに特色があれば意匠登録することができます。

しかし、建築分野のメインである建物本体のデザインは、意匠法で保護されることはありません。

この建物のデザインは、芸術のレベルに達するような優れたデザインであれば、著作権法の対象になることがあります。

しかし、意匠法の登録の要件では、デザインの芸術性はそれほど重要な要素ではないと言われているので、著作権法上の保護を受けることは少々ハードルが高いと言えます。

建築の分野では、建物のデザインは最も重要な位置を占め、また、建築の分野も産業全体の中では大きなウエイトを占めていることを考えると、このデザインが意匠法の対象から外れていることは、少し問題があると言えます。

※この記事が参考になったと思ったら共有してください。

意匠登録ファーム概要

 弁理士:大谷寛(Hiroshi Oogai)

 事務所所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5番15号 BUREX平河町304

 電話番号:0120-95-2526 (03-4570-0792)

 メールアドレス:contact @ design-registration.jp

 営業時間:9:00~18:00 土日祝日休


意匠登録のお問い合わせはこちら
サブコンテンツ

意匠登録ファームのサービス提供エリア

※意匠登録ファームでは海外や日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の意匠登録に対応しております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ